住宅ローンの種類とは

 

住宅ローンと一口に言っても、さまざまな種類があります。支払う金利のタイプによって3種類に分けることができます。ここでは具体的に、それぞれのタイプにどのような違いがあるのかご紹介します。
まずは固定金利についてです。これは返済当初から完済するまで、すべての期間において金利が変わらないというタイプです。返済額が常に一定のため、毎月の家計管理がしやすいというのが最も大きなメリットです。ただし他の金利タイプと比べると、当初設定している金利が割高であるというのが一般的となっています。
次に変動金利についてご説明します。これは経済状況によって金利が変動するというタイプです。年に2回金利が見直されますが、5年間は返済額固定の場合が多くなっています。
低金利時代に契約すれば、大幅に低い金利でローンを組むことができます。しかし将来的に金利が上昇してしまいますと、その分返済額にも大きなダメージがある場合があるという不安もあります。
最後に固定金利選択型についてですが、これは契約時に設定された固定期間が終了したら、金利状況に応じて選ぶことのできるタイプです。途中から変更することができるため、自由度が高いというのが大きな魅力となっています。

 

Comments are closed.