固定金利選択型って何?

 

住宅を購入する場合、多くの人が住宅ローンを利用しています。住宅の価格は非常に高価なもので、現金支払いをすることはなかなか難しいのです。もちろん金利や長期にわたる返済を考えれば、現金支払いが一番良い選択です。
住宅ローンを利用するには、ライフイベントを考え、ライフプランやキャッシュフロー表を作成して検討することが必要です。どの程度の金額を借りることが出来るのか、無理なく返済出来るのかを考えることは大事なことです。
それを踏まえて住宅ローンを申し込むことです。もちろん同時に物件も決めなければなりません。住宅ローンには種類があります。大きくわけて、固定金利選択型と変動金利型です。
返済期間の全期間にわたって、金利が変わらないのが固定金利型です。このメリットは返済金額がわかるので、計画を立てやすいことです。毎月の返済金額や返済総額も計画に織り込むことが出来ます。
一方デメリットは、世の中の金利は変動していますが、金利が低くなっても返済には影響されません。借りた時の金利を下回っても、返済額は下がらないことです。
つまり固定金利型を選択する時は、低金利の時が良いことがわかります。変動金利型を選択する方法もあります。変動金利の場合は、金利が上がると返済額も増加するのです。無理のない方式を選択することです。

 

Comments are closed.