変動金利について

 

住宅ローンの種類の中でも、近年特に人気となっているのが変動金利タイプです。ここでは具体的にその特徴についてまとめてみました。
まず最も大きなメリットというのが、借り入れ時の金利で固定される固定金利と比較すると金利が低いということです。その宇宙04ため短期的に考えた場合は、固定金利よりも月々の返済額が低く抑えられるのです。また、低金利期や金利が下がっている時期には返済負担が下がるという魅力もあります。
しかし逆にデメリットとして考えられる部分もあります。それは、経済状況によって金利が上昇すると、それに伴って返済額も増えてしまうということです。ですから住宅ローンの契約当初は低金利で負担を抑えられたとしても、将来的にかなり負担が大きくなってしまうというリスクもあるのです。ただし金利の見直しというのは年に2回行われますが、実際に返済額が見直されるのは5年に一度のみとなります。
どのような人がこのタイプに向いているのかと言うと、返済期間が短い場合に適していると言えます。つまり、30年などの長期間ではなく、10年ほどの短期間で返済できるというケースです。その場合は例え金利が上昇したとしてもそれほど大きなダメージを受けることがないからです。

 

Comments are closed.