頭金を親から援助してもらう時の留意点!

 

住宅を購入する場合に必要となる預け金は、住宅物件価格の2割程度と言われています。これはあくまで平均的な金額で、最近では住宅ローンを利用して全てをまかなうことも可能となっています。ただし、返済額が増えてしまうため、将来的なことを考えた場合は、諸費用などを自己資金で支払っておいた方がよいのです。
自分の貯金などで住宅購入費を支払う余裕がない場合は、親に支援してもらうという方法があります。親に資金的な余裕がある場合、頭金を援助してもらえれば、その後のローン返済が楽になるのです。ただし親から助けてもらう際には、注意点があります。
親子の間柄であっても、一定額以上の支援金は贈与税の対象となるのです。無駄に税金を支払わないためにも、贈与税についての知識を増やしておくといいです。
贈与税の課税制度には2種類があります。暦年課税と相続時精算課税の2種類から選択して支払うシステムです。
暦年課税の場合の計算式は次の通りです。贈与税=(贈与された額-基礎控除額110万円)×税率-控除額で算出します。
親からの応援資金が110万円以上で、65歳以上の親から20歳以上の子へ贈与する場合は、相続時清算課税制度を利用するとお得になります。贈与税の負担を抑えることができる仕組みとなっています。

 

Comments are closed.